かまてつのページ Kamatetsu
 
デジタル列車無線特集
feature article about Digital train radio system
 

~西武鉄道列車無線デジタル化について2~

西武新宿線系統デジタル運用開始
 西武鉄道から2022年5月12日に発表となった「2022年度鉄道事業設備投資計画」に列車無線のデジタル化が記載されました。
 それから2ヶ月後の7月10日に新宿線系統の列車無線がデジタル運用に切り替わりました。
受話器はアナログ時代と変化有りません。デジタル化してもこれまでと全く変わりない通話・操作となります。
液晶パネルには、「通信/確認」項目の上に二つの無地の項目が追加されていました。西武鉄道の2022年度鉄道事業設備投資計画には「将来的には文字による運転士への通告が可能となります。」と記載があることから、現在は音声のみデジタル化を行い、今後アプリケーションの追加・使用開始になるものと思われます。
(比較用)アナログ運用中の池袋線にて
当然ながら、TISには変化有りません。

ちょっと気になった点

 デジタル化で取り付けられたと思われる八木アンテナが散見されます。画像は新宿線高田馬場駅ですが、中段写真の矢印のところから新宿方はLCXですが、ホーム内から所沢方に向かって八木アンテナが向いてました。
 なお、youtubeに上がっている前面展望動画を見ると、この八木アンテナは2021年末には場内信号機外方に設置されていましたが、2022年にホーム内へ移動されています。
こちらは西武秩父駅にて。真新しい支柱に八木アンテナが4つ。
 今後記事を追加していきます。
西武鉄道列車無線デジタル化について3西武池袋線系統デジタル運用開始

参考

更新履歴
 2022年07月27日配信

デジタル列車無線特集トップに戻る
トップに戻る

inserted by FC2 system